人気ブログランキング |

血液検査 腎不全悪化

血液検査の日。

身体を噛んでいたので診察で皮膚も診てもらったけれど、やはりかゆみの原因はわからず。
皮膚自体には赤みや湿疹などはない。
寄生虫やカビの検査もして、それも問題なし。
噛んでしまうとはいえ、それほどひどい状態ではないので、今までどおり
コルタバンスのスプレー薬で対処していくことになった。


血液検査結果
--------------------------------------------------------------

・WBC 白血球数 12.2(前回6.5)(参考値5.5~16.9)A
・RBC 赤血球数 493(前回550)(参考値550~850)B
・TP 総蛋白 7.0(前回7.4)(参考値6~8)A
・Hct 赤血球容積 30(前回40)(参考値37~55)B
・HGB 血色素 10.8(前回13.0)(参考値12~18)B

・ALT GPT 80(前回86)(参考値17~78)A-B

・BUN 尿素窒素 65.0(前回37.2)(参考値9.2~29.2)B-C
・Cre クレアチニン 3.0(前回2.7)(参考値0.4~1.4)C

・Alb アルブミン 3.0(前回3.2)(参考値2.6~4.0)A
・Glu 血糖 124(前回123)(参考値75~128)A
・Ca カルシウム 12.8(前回12.3)(9.3~12.1)B

・リン 5.8(前回4.6)(参考値1.9~5.0)C

・ナトリウム 140(前回145)(参考値141~152)B
・カリウム 4.9(前回5.2)(参考値3.8~5.0)A
・クロール 107(前回113)(参考値102~117)A

cCRP C反応性蛋白 0.7(参考値0~0.75)A


今回の血液検査において、腎数値の上昇が認められました。
特にIP(リン)上昇に関して、IPは「目まい」や「吐き気・食欲不振」「心臓への負荷」
の影響をもたらすため、すぐにでも治療方法を再検討する必要があります。
点滴は「可能な限り」実施が推奨です。また、IP吸着剤の使用も開始を検討していきましょう。
また、貧血(RBC・PCV・Hb の低下)が認められ、こちらに関しても腎臓機能の低下の
影響が懸念されます。

--------------------------------------------------------------

この数値でごはんが食べられているのは立派だそうで、なにがあってもおかしくない状態と言われた。

今後のこととして静脈からの点滴(入院治療)のことも説明があり、今すぐのことではないけれど、
その時になってからではなく今から話し合っていただくほうがいいでしょうとのこと。

ここ数日は一日の前半はおとなしくてよく寝ているし、腎不全が少し進んでしまったかなあと
心配はしていたけれど、食欲は朝はいまいちでも食べてはくれているし、水分も摂っているし、
夕方から夜はいつも結構元気だったので、ここまで悪い話になるとは思っていなくて、
ちょっとショック。

尿比重も検査して、かなり薄く、水に近いくらいの状態だそう。

皮下点滴(輸液)はできるだけ毎日が推奨とのことで、できる限り通うことにする。

新しくリンの吸着剤(サプリメント)が出た。
カリナール1 1日小さじ4杯を食事の時にいっしょに摂る。


【追記】8月9日
輸液と薬が効いているのか、よくなっているよう。
起きた時からの食欲も出てきたし、動きもよくなってきた。
by pejesapo | 2014-08-07 23:55 | モモ記録