てのひらぶんこ 「ようせいのもり」

前からやってみたかった、文庫本の制作をはじめました。
写真と文で綴る、てのひらに乗る愛らしい本。小さいのでどこにでも連れていけます。
「てのひらぶんこ」と名づけました。

私は本が好きです。文庫本がこうして作れるなんて嬉しいことです。


はじめてのてのひらぶんこの制作はP'sちゃんたちと妖精さんのお写真から。

d0102523_224975.jpg
これが完成した文庫です。
サイズはもちろん文庫本のサイズです。
ソフトカバーに帯もついて、なおさら「本」という感じ。本屋さんに並んでいそうでしょう?



d0102523_22492368.jpg
ページ数は72ページ。厚さは7mmくらいになります。



d0102523_22493465.jpg
ページを開いたところです。
マットな紙にきれいな印刷で、写真もきれいに出ています。



d0102523_22494773.jpg
小さな文庫ですが、大事な写真が入って手に乗る宝物のよう。
そんなイメージで作りました。本は宝物なのです。



内容をちょっとだけご紹介しますね。

d0102523_23181839.jpg
これがカバーの表です。


d0102523_23183972.jpg
導入部。
パインちゃんが森の中の細い道をみつけたところからお話がはじまります。

お話は私の創作です。
P'sちゃんと妖精さんとお花畑があって、この物語が生まれました。

以下、ご紹介するページがばらばらなのでお話は続いていませんが、こんな感じで
写真と物語が進んでいきます。


d0102523_231923.jpg

d0102523_23191651.jpg

d0102523_2319352.jpg

d0102523_23195199.jpg


撮影した写真で、こんな文庫本も作れます。
物語にしたり、写真を多くしてひとことコメントを入れていったり、どんなふうにも作れます。

すべてオリジナルのてのひらぶんこ、作ってみませんか。
大切な宝物になるように、大切にお作りいたします。
[PR]
Commented by さくらえびママ at 2009-07-25 09:47 x
すごいですね~本もできちゃうんですね~!!
お写真と文と一緒になってすばらしいですね~!!さくちゃん10歳の記念にはお願いしたいです~~
Commented by ぺへさぽ at 2009-07-25 20:17 x
さくらえびママさん
写真集はあったけれど、この「文庫サイズ」っていうのが気に入ってます♪
いいんですよ~、これ。仕上がりもとてもきれいです。
P'sちゃんと妖精さんのお話はラストを先に考えていて、ちゃんとおさまってくれたので安心しました。
物語という体裁じゃなく、その子の言葉ですすめていくのも可愛いかなと思います。
さくちゃん10歳記念にはぜひ♪ お待ちしていますね~。
Commented by ネスタママ at 2009-07-25 23:55 x
わぁ~、なんてファンタスティック!
世界にたった1つの「てのひら文庫」。
P'sちゃんたちも、森の中でとってもかわいいですね。
どんなラストになるのかな?
いつか我が家もお願いしたいです。
Commented by クルタ母 at 2009-07-26 12:51 x
すごく素敵ですね!!
我が家にも欲しいわ~と思いつつ、もったいなくてページが開けないかもとか思っちゃいました^^
Commented by ぺへさぽ at 2009-07-26 14:51 x
ネスタママさん
どうもありがとうございます!
この「本」な感じがなおさら宝物みたいでいいでしょう。
P'sちゃんと妖精さんがとてもきれいな写真なんです。
お話もちゃんと思ったところに着地させられてほっとしました。
全文ご紹介・・・迷ってるんですが、どうしようかな。
P'smamさんからは「どのようにご紹介いただいても結構です」とご許可はいただいているのですが。
Commented by ぺへさぽ at 2009-07-26 14:58 x
クルタ母さん
どうもありがとうございます!
はじめての試みでしたが、満足のいくものになりました。
素晴らしいモデルさんと美しいお花畑、そして妖精さんを連れてきてくれたP'smamさんに感謝です。
この本は私にとっても特別なものになりました。作れてよかったです。
本ってやっぱりいいものです。ページを開くともっといいものですよ~♪
Commented by P'smam at 2009-07-26 19:46 x
出遅れてしまいました。
ぺへさぽさん 素敵なお話をありがとうございました。
ぺへさぽさんの仰る通り「手に乗る宝物」です。
そして、手にした本を胸にあてると溢れる想いを抱くことができます。
さくらえびママさん、ネスタママさん、クルタ母さん
皆さまに 実物を是非ご覧いただきたいわ~
お話も素敵で、本当に素晴らしいんです。
皆さまの「世界にたったひとつ」に お会い出来る日を
楽しみにしております。
Commented by ぺへさぽ at 2009-07-27 00:11 x
P'smamさん
こちらこそ、本当にありがとうございました!
文庫本を作れると知ったとき、まずこの時の写真が浮かんだんです。
嬉しいお返事をくださってありがとうございました。
そして、気に入っていただけてなにより嬉しいです。
私にとっても特別な物語、特別な作品になりました。
それもP'sちゃんとP'smamさんが連れてきてくれた妖精さんがあってのことです。
とても感謝しております。
全文公開しようかどうしようか、いま迷っているところです~。
Commented by 小夏ママ at 2009-07-27 13:30 x
P'sちゃんという最高のキャストさん達、ぺへさぽさんのステキな物語、そしてかてぃさんの煌めく美しいお写真があいまって、宝物の名にふさわしい文庫本が誕生しましたね。
P'smamさんから、私にまで優しいお言葉を頂きました。
そういう素晴らしい方だからこそ、いつも最高の宝物を手にすることが出来るのだと思います。
この特別な文庫本完成のお話に、気持ちが高ぶりすぎて、なかなかコメントが入れられませんでした。
あの年の美しかったお花畑で撮った写真を見返しながら、小夏と出会えたことで、私もたくさんの宝物をもらって来たんだな~と思いました。
全文公開、ぜひ拝見したくもあり、すごくもったいない気もします。
されるなら、何か特別な舞台で~(と言いながらどういう舞台か想像もつかないんですが、、、)と思います。
Commented by ぺへさぽ at 2009-07-27 21:28 x
小夏ママさん
どうもありがとうございます。
なにより撮影場所に素敵なところをおおしえいただいてありがとうございました。
あのお花畑があったからこの写真が撮れたのです。感謝しています。
あのお花畑はあの時がいちばん見事だったんですね。ありがとうございます。
一番の宝物はやっぱりそれぞれのおうちにいる、その子たちですよね。
その子が運んでくれるものの大きさったら!!
小夏ちゃんがたくさんの喜びを連れてきてくれたのでしょうね。うちもですよ~♪

文庫本、お目にとまったようで嬉しいです。いいんですよ~。自分で言うのもなんですが。
本の好きな人には心に響くものがあると思います。
全文公開、私も同じような気持ちなんです。
見ていただきたいような、でもいいのかな~、というような・・・。
うーん、なにかいい方法はないかしら。
by pejesapo | 2009-07-24 23:47 | てのひらぶんこ | Comments(10)

モモとの生活


by pejesapo